読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代後半ピースにくらしタイランド

スローリースローリー平和に暮らしタイ!ピース夫婦のタイ暮らしやあれこれ

あるカナダ人の素敵な夫婦が秘密にしたい訳

ラノーンにハイシーズンがやってきたみたい

バンコクから帰ってくるとき

いつものってるVIPバスは満員で予約がとれなかった

仕方がないからワンランク下のバスで

f:id:peacefusai:20151123151918j:plain

料金は480BぐらいでVIPバスより安い

違いはテレビやヘッドフォンがついてないのは別にいいとして

やはりシートが少し狭い

長距離移動はやっぱシートが広い方が少しはねれる

ということで、全然眠れなかったのでラノーンに着くなり爆睡

ハイシーズンはやってきたが目指すはみんなコパヤム

確かにハイシーズンはやってきたが...

みんなラノーンは通過点として利用しているのは否めない

そんな中、あるカナダ人の素敵なご夫婦は島に目をむけることなく

ラノーンで静かな生活を楽しんでいる

彼らが住むとこはマイナス40℃にもなるところらしく

冬の何ヶ月かは毎年ラノーンで暮らしているそうな

そんな人生もあるんだなー

なんか、ほかの観光客とはあきらかに見た目が違うんだよな

71才にもなる老夫婦なのに、存在感ありありで、なんかイケてる

日本の老夫婦でこんな風に人生を楽しんでいる人もいるのかな

わたしはあったことがない

 

ラノーンのことはだれにもいっちゃダメっていわれた

そんなカナダ人ご夫婦

なんでラノーンが好きかといったら、人が少ないからだと 納得

確かに、静かで小さな街だ

有名な観光スポットなんかは人がたくさんで落ち着かない

わたしもそういった類の人間だからいいたいことはわかる

ラノーンのことは秘密にとそのご夫妻はいう

でもねーラノーンのことをいくら書いても人はきませんよー安心して!

と、わたしはいいたい

だって遠いんだもん

今の世の中、特に日本なんかじゃ、時間に余裕のある人は少ない

はっきりいって、ラノーンは時間に余裕がある人しかこれないのだ

だからね、大丈夫だよ

たとえ着たいと思っても時間がある人は少ないですから

この不便さが、ラノーンの良さかもしれないですね

 

だからわたしはラノーンを連呼する

カナダ人ご夫妻にはシークレットだといわれているけど...

わたしはラノーンがなぜよいのか伝えていきたい

結局、有名な都市や観光名所は住むところではない

いきたいとこと住みたいとこは違うと思う

わたしはバンコクから帰ってきてさらにラノーンの良さに気づいてしまった

まずは気候

エアコンがいらない 風もあるから過ごしやすい 夜なんかは寒いくらいだ 

バンコクの夜は違う!熱帯夜だ。風もなく、住むのは大変そうだとあらためて感じた

交通渋滞もない、ということはストレスも少ない

コンパクトシティー

バンコクに住んでる日本人にはバンコクじゃないと仕事がないよといっていたが・・・果たしてそうなのだろうか?

わたし的にはバンコクで仕事をするなら東京にもどった方がマシ

言葉も通じるし、生活もしやすいだろう

なんでわたしはタイにきたのか?そこだけはブレないようにしたいと思う

 

 

▪︎質問、感想など

こちら

 

▪︎LINE

こちら

 

↓ポチッと応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ