読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代後半ピースにくらしタイランド

スローリースローリー平和に暮らしタイ!ピース夫婦のタイ暮らしやあれこれ

いよいよ明日はタイで迎えるはじめてのソンクラン!正しいソンクランの過ごし方を知りたい

お祭り好きだなータイ!今年で4回目のあけましておめでとう!?

タイの旧正月がソンクラン。毎年、4月13日〜15日に行われ、休日にもなっている

タイにきて、1月にグレゴリオ暦の新年、2月はチャイニーズニューイヤー、3月は春分の日に宇宙の新年を迎え、ソンクランで4回目のあけましておめでとう!ソンクランはタイ人にとって最も大事にされていて、バンコクなどに出稼ぎにいってる子たちも田舎に帰り、家族とむかえる人が多い。また、大型連休になるので、旅行にいく人も多い。

日本の年末年始のようなかんじがします。

 

ソンクランってもともとどんなお祭り

東南アジアでは曜日ごとに仏様が決められていて、曜日占いがタイ人との会話にもでてくるくらい浸透してます。曜日ごとに色もきまっていて、曜日にあわせた洋服を着たり、人々の生活に根付いています。もともとは仏像を清めることが起源だったソンクラン、今では水かけ祭りとして水のかけあい祭りのように世界中に広がっています。世界の観光客がソンクランに参加するためにタイに訪れたりもするそうです。バンコクやチェンマイの都市部やミャンマーでは五日間行われるそうですが、ラノーンは13日のたった1日。騒がしいのが嫌いな私にとってはちょうどいいな

1年間の苦難、不幸、争いごとなどをすべて洗い流し、心身を浄めて新たな年を迎えるのがもともとのソンクラン。タイで迎えるはじめてのソンクラン!あしたはささやかにお祝いしたいと思います。

 

 

▪︎質問、感想など

こちら

 

▪︎LINE

こちら

 

↓ポチッと応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ