30代後半ピースにくらしタイランド

スローリースローリー平和に暮らしタイ!ピース夫婦のタイ暮らしやあれこれ

タイにきて1年で8kgもやせた経緯と考えうる要因6つ

おはようございます。

2015.5.1にタイバンコクにきて、はや・・・

きたときは食べまくりで1〜2kg体重がふえてました。ま、ただの食べ過ぎだったと思います。2015.6.1にタイ南部ラノーンに住んでから体重が激変しました。53kgまでいってしまった体重が2016.4には45kgまでにおっこちました。

 

ラノーンにきた頃は雨季がはじまり、毎日静かに暮らしてました。雨音がここちよかったなー。太ってしまったからちょっとダイエットはしたいなと思いココナッツオイルをコーヒーにいれたりしたりはしてましたけど・・・どっちかってーと髪につけたりに移行していきました。

 

peacefusai.hatenablog.com

 

痩せた要因その1 ストレスからの解放

わたしはストレスやつまらないと太ってしまうタイプです。ラノーンでの静かな暮らしはストレスを感じさせない生活だったからだと思います。ま、仕事もしてませんでしたし。東京生活では、スーパーで買い物するときも放射能のことを気にしたり、なんで東電にお金払わなくちゃいけないんだとか、だからといって自分でオフグリット生活にシフトしてたわけじゃなかったり、なんだか雑音が多い生活だったんだなー、それにたいしていちいち否定したり。そうならないようにしても、やっぱり奥底でそういうことは感じていたんだと思います。いろいろぐるぐる考えちゃっていたんだと思いますが、ラノーンでは野菜も果物もおいしいし、安いし、余計なことを考えなかったのがわたしにとってはよかったんだと。雑音の多い生活から一度離れゆっくり生活できたのが良かったんだと思います。東京脱出してやりたかったデトックスからの浄化がゆっくりできたのは良かったです!

 

痩せた要因その2 ラノーンのローカルフードパワー

ラノーン生活のはじめの頃は、友達に美味しいローカルレストランを教えてもらったり、友達の家でご家族とごはんを食べたり、とってもおいしくてはじめは太ってしまったのですが、食べ続けることによって痩せていきました。ま、バンコクのように日本料理屋がこんなにもないですし、自然と諦めがつくというか、ないものはない!みたいな。タイ料理は日本料理と違って重たくない。気候とも関係してくるとは思いますが、日本料理は健康食だと思っていましたが、一食の量も多い気がする。もちろん、納豆や漬物などの日本にも素晴らしい健康食品はありますけど、ライフスタイルの変化で欧米化がすすみ、東京ではしらずしらずそういう食事をしてました。昔からの日本食はいいと思うんですけどね、ライフスタイルが変化してしまった偽日本食は重たかったんだと気付きました。また、タイ人は食べるの大好き。おなかがすいたら食べるってかんじで、一食で一気に食べる食生活ではないような。みんないっつも食べてるかんじだけど、ちょこちょこ食べるのがいいのかも。一日三食とか、一日30品とか、変なルールもないし、そういう日本のこりかたまったルールからの解放も良かったかと。おなかがすいたら食べればいいとわかりました。で、私は東京ではドカ食い派だったと思いますが、それはよくない。そこらへんも改善されたと思います。

さらに、チリや生姜、ハーブをいっぱい食べてました。それがからだにとっても良かったと思います。ローカルレストランのトムヤムプラーは食べるとものすごい汗がでて、デトックス効果抜群でした。辛いものはあまり好きではないのですが、なんだかエナジーがものすごくて、あっ!きょうはあのトムヤムプラーが食べたいって自然に体が教えてくれました。フルーツも沢山食べてたし、体の中から変わっていった気がします。

 

痩せた要因その3 タイの暑気はほんとに暑かった

次に、気候ですかね。3月から一気に暑くなって4月は暑すぎてめまいがしてタラーで倒れてしまいました。特に今年(2016年)はタイも何年かぶりの猛暑だったらしく、いいのか悪いのか毎日汗がサラサラ流れていき、デトックスが加速された気がします。この時期に体重は45kgまで落ちました。基本的に冷え性で、東京では広くて寒い部屋に住んでいたこともあり、冷え性にはよくなかったかと。タイにきてからは体が冷えることもなくなりましたし、ラノーンには温泉もありました。暑くて冷たいものを飲むようにはなったけど、ほんと暑いから、体を少し冷ますくらいでちょうどよし。からだをあたためると病気をしないといいますが、完全に冷え性から脱出できたと思います。ま、日本の冬にもどったらどうなるかはわかりませんけど。とにかく、気候で汗がどんどん流れ、からだの中の毒素も流れていったのが良かったと思います。

 

痩せた要因その4 がんばるんじゃなくてゆるめること

ダイエットってなるととかくスポ根系っていうか、頑張って運動みたいなイメージあるけど、からだをゆるめることによってダイエットできるんだと発見しました。

ラノーンのホテルに引越してからはヨガが無料で受けられたので半年ほど毎日通っていました。時間はたっぷりあったし!で、ヨガっていってもインヨガ。激しい動きをするのではなく、ひとつのアーサナをながーくホールドするヨガです。気持ちもリラックスできるし、からだがどんどんゆるまるかんじ。私は根性がないので、インヨガがあってます。筋肉をささえる筋膜をゆるめるといいみたい。こりかたまった筋膜が解きほぐされたのが良かったんだと思います。インヨガをしてたのは半年でしたけど、毎日毎日ヨガにいけるのは時間あってこそ。ホテルのすぐ近くにスタジオもあって、ストレスなく通い続けられました。東京でもヨガをしてましたが、仕事もしてたし、週に一度が精一杯。時間からの解放も大きいかも。ヨガは半年でやめて、そのあともゆったりと過ごしてました。ときほぐす!これが新たなキーワードかも

 

痩せた要因その5  大自然やタイ人が心もからだも癒してくれた

その4でも書きましたが、ときほぐす。日本人ってがんばりすぎ。タイのヨガを受けて感じたことは自分にできそうもないことはすぐに諦める。無理しない。難しいアーサナはすぐ諦め、できた人に拍手ー。ゆるい。日本のヨガスタジオではみんながんばるかんじでしたけど。いいよなータイ人。ゆるいゆるい。なんか、心がときほぐされましたね。あとは、バイクでツーリングするだけで楽しかった。大自然!空が近くて、緑もいっぱい。友達がサバイサバイな場所に連れてってくれました。そこは観光スポットでもなんでもない。ただただ心がでっかくなるようなとっておきの場所でした。観光スポットって基本的に人が多いから嫌いなんですよね、私。人気店に並ぶとかもできないタイプ。人それぞれタイプがあると思います。自分にあった解放の仕方をみつけるのがいいでしょうね。

 

痩せた要因その6 月のリズムをとりいれる

ダイエットは新月にむかう時に行うと宇宙の力も味方にできます。新月でデトックスして、満月にむかってまた栄養をとりいれる。このリズムを味方につけるとデトックスもうまくいきます。海だって満ちたりひいたり。子供が生まれたり、人間が死ぬのも関係してるっていわれている月のリズム。特に女性は月と共に生きてますからね。ラノーンでは空が近く感じたし、夜釣にいったとき、コーヒーファームにいったときの満天の星空。涙がでるくらいきれいでした。月がのぼったりしずんだりをかんじやすく。満月に友達のゲストハウスの屋上で寝てムーンパワーをキャッチできたり。あれはとってもいい経験でした。ほんとにムーンパワーってあると思うな。月をみながら温泉入ったり、やっぱりラノーンはいいとこですタイ!

 

まとめ

あいつら1年も何もしないで何やってんだ!って思う人もいるかもしれませんが、自由ですからね。1年もゆったりできるなんて幸せなことって思う人もいるし。

物事は捉え方で全然違ってきます。

私にとってはゆるめて解放することがからだにあってたんだと思います。

何が正しいとかないですから、自分にあってればそれが最高なんだと思いますよ。自分にあったストレスの解放の仕方をやっていくのが一番いいんだと気付きました。

 

▪︎質問、感想など

こちら

 

▪︎LINE

こちら