読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代後半ピースにくらしタイランド

スローリースローリー平和に暮らしタイ!ピース夫婦のタイ暮らしやあれこれ

日本にいた時はこの時期無駄に忙しかったな、東京よりバンコクは便利なとこです

タイ タイ-バンコク タイ-タイ移住 ライフスタイル ライフスタイル-遊びから学ぶこと 価値観 価値観-パラダイムシフト 価値観-多様性 価値観-東京

サワディークリスマスカ!

 

あと一週間で今年も終わりだなんてビックリですね。

東京にいた頃はこの時期仕事も忙しく、更に結婚してからは全然合わない親戚や家族への年賀状をせっせと作り、忘年会があったり、寒い中大掃除をしなきゃっていうプレッシャーがあったりしたなって思いかえしています。

今思えば無駄に忙しく、年末は家でゆっくり過ごしたいってなってて、毎年どこにもいかず、行くのは近所の神社への初詣行っておみくじ引いてピースくんの実家に挨拶行って、あとはみんな田舎に帰って静かな東京で毎年暮らしていたのを思い出します。

お盆と年末年始の東京が一番好きだったかも。

去年はタイの南部の田舎にいて、今年はビザのこととか色々あってバンコクに引越してきました。年末年始はどこへ行こうかってなったけど、私たち基本的には無理に動くのができないタイプで、旅慣れたバックパッカーとは違います。ただただ東京の生活がこのまま続くイメージができなかったので飛び出しただけです。

 

どこか拠点を構え、無理をしないで動けるとこじゃないと行きたくない

 

わざわざ休みなのに人の多いとことか行きたくありません。

だから休みの日はほとんど家にいました。金銭的な余裕があったらまた違ったのかもとも思うけど、何をするにもお金がかかるし、二人で働いてやっとって感じでした。もっと安い家賃のとこに住めばよかっただけなのかもしれませんが、静かにゆっくり過ごす時間が何よりも贅沢だと思っていました。

 

タイにきて流れ流れて、南部の田舎で仕事もせずにのんびり過ごし続けたかったけど、金銭的な問題とビザ的な問題で嫌々バンコクに来たわけですが、8ヶ月住んでみて、バンコクって便利なとこだと感じています。

 

基本は今住んでるサービスアパートメントで静かに暮らしてます。ちょっと出るとバンコクでも渋滞で有名なラチャダーの近くに住んでますが、ソイを入ってどんつきの場所はオススメです。車の音もせず、本当に静かで、朝はいろんな鳥達の鳴き声が聞こえるこの場所が気にいってます。たまに出かけてみても見るものすべてが初めてのものとなり、新鮮で退屈もしません。暑くて歩くのがタルくてもすぐモタサイが見つけられるし、知らない場所に行く時はUberを使えばタイ語ができなくても目的場所まで連れてっていってくれるし、タクシーも東京より断然安いので気軽に乗れます。

 

生活コストを大きく削減して、金銭的にも余裕が出たし、東京電力や日本政府にお金を払うことへの不信感からも解放されたのは私にとっては気持ちが楽になりました。

 

まだまだ知らない場所はいっぱいだし、いった先々で出会う人は国籍を超え、日本人だとしてもいろんな人生の人に会って話を聞くのが面白いです。リアルにいろんな人生があるんだと感じることができます。

 

今日はチャオプラヤー川の方にあるアットホームなバーに行ってきます。私はお酒が飲めませんが、そこのベジバーガー狙い。住所も未だタイ語では説明できないのでUberで!初めていった時は私たちがバンコクにきたばっかの時で、不安でいっぱいだった頃でした。今日はそこにいる豆腐くんに会いに。豆腐くんはそこのバーの近所にいた野良犬ですが、すっかりお店の子になってます。不安でいっぱいだった私たちにずっと寄り添っていてくれたし、帰る時もタクシーを捕まえるまで見送りに来てくれたんです。あいつわかってたんだと思う。私たちの不安でいっぱいな気持ちを、今日は半年たってなんとかやってるよ、あの時はありがとうを伝えに行きます。豆腐に会えるのが楽しみだー

 

ってことで、バンコクは東京より便利だし、静かな場所の家を探せば静かだし、鳥もいっぱいいるし、世界でもワーストクラスの渋滞大国ですが、手段や時間を選べば選択肢はいっぱいあります。出かければいろんな人生の人に会えるし、バンコクライフも半年が過ぎようやく不安が少しずつ消えてきました。

 

 

 

▪︎質問、感想など

こちら

 

▪︎LINE

こちら